借金が大きく膨らみ支払ができなくなってきた、毎月の出費が苦しく生活に支障がでている。そういった人も中にはいますよね。

日本ではそういった理由で借金に悩んでいる人が300万人以上いると言われています。特に低所得の家庭ではそういった問題が多いようです。そんな人達が利用できる法律がある事を知っていましたか?それは「債務整理」です。名前の通り債務に関して専門家に相談し、借金返済の月支払を軽くしたり、現状で払っていけるように消費者金融に相談していくものです。

ですが、債務整理にはメリットもあればデメリットがあります。債務整理を行おうか迷ってい人は、まずメリット・デメリットについて知っておいて欲しいと思います。まずはメリット部分ですが、裁判所を通さずに専門家である、弁護士・司法書士を通して行う手続きですので、周りの人に知られる心配がありません。自己破産のようにブラックリストに載る心配もありませんので、新たに借り入れを今後行っても審査に債務整理は影響しません。最後は、払いすぎてしまった利息が返ってくる可能性があるのです。債務整理のメリットは大きいですよね。

そして反対のデメリット部分は、一つあります。債務整理を行った消費者金融からは今後、借り入れができなくなってしまう可能性が高いという点です。消費者金融からしては、面倒なのでそういった人は消費者金融側だけのブラックリストに載ってしまう可能性があるという事ですよね。デメリット部分はこれだけです。生活に支障がでるくらい借金に困っていたら思い切って債務整理を利用するのも良い方法となっています。